他の酸洗処理と何が違うの?エッチングの目的とは

酸洗処理の目的とは何か?

酸を使用して金属を洗浄する化学処理のことを「酸洗処理をする」と言います。 加工する前の金属製品を酸性溶液に浸し、表面に付着している酸化物を洗浄して除去していきます。予め熱処理をされた金属製品の表面にはスケールと呼ばれる酸化皮膜が生成されていますので、酸洗処理をすることによってそれらを取り除きます。この化学洗浄処理を行わなければスケールやサビ等によって金属製品に密着不良が発生してしまうのです。金属製品にメッキ加工をする前には、その後の作業を簡素化するためにも必ず酸洗処理による化学洗浄処理が行われます。加工する素材の表面の汚れを綺麗にする事でその後の研磨作業の手間を省くことが、酸洗処理の目的なのです。

エッチング加工の意外な応用とは?

酸洗処理は、「エッチング」と呼ばれる化学洗浄処理の方法があります。このエッチングは別名腐食とも言われており、腐食とは一般的にエッチング液などの化学薬品による化学反応や腐食作用を応用することで、被加工物を食刻していく加工方法のことを指しています。
加工をする形状に従ってマスキングによる防食処理を施し不要部分を除去することで加工形状を完成させることが、エッチング加工の目的です。
このエッチング加工は腐食性のあるものであれば色々な素材の加工が可能ですので、例えばガラス工芸などではエッチングによってガラスを装飾することができます。またステンレスや銅、真鍮といった伸銅品などの金属加工や精密板金などにも応用されています。フォトエッチング加工では、写真画像として取り込めるものであればイラストスやデザインスケッチ画などをスキャニングによる画像として取り込みそのままの形状を再現することもできます。