正しく理解!酸洗い後の処理方法

酸洗いとはどんなもの?

酸洗いとは、メッキなどの金属の後処理を行いやすくするために、金属の熱処理や溶接、ろう付けなどによって発生した、スケール、酸化皮膜、サビなどを硫酸や塩酸などにつけることで除去することです。この処理によりあらかじめスケールやサビなどを取り除くことで、のちの研磨作業の手間を省くことができます。特に、メッキの処理前には必ず酸洗い処理を行います。チタンを研磨するときなどは、酸洗いをして表面の酸化皮膜層を綺麗にとってあげないと、メッキ処理を行なっても全く光沢が出ないのです。酸洗処理は目的に応じて「酸洗い」、「酸浸漬」、「エッチング」の3つの方法方に分類されます。「酸洗い」は酸性の駅につけておく手法で、「酸浸漬」は酸化皮膜を除去することで金属表面を活性化すること、「エッチング」は冷間圧延などの常温加工による変質層を除去する方法です。

酸洗後の処理方法は?

酸洗処理は、「脱脂洗浄」、「水洗い」、「酸洗処理」、「水洗い」、「中和」、「水洗い」、「純粋洗浄」、「乾燥」の工程にて行われます。
そのため、酸洗処理後には水洗いが行われます。このときに使用される廃液には溶けた金属が入っていますので、金属を分離しなければなりません。単純な塩化第二鉄や硫酸銅の状態であれば、簡単に沈殿するため除去作業も楽に行えますが、複雑なキレートイオンになっている金属もあるため、専門知識を持つ人でないと処理は行えません。また、酸をそのまま下水に流すこともできませんので、中和してから処分する必要があります。
酸洗い処理時に発生する排水はきちんと排水処理を行う必要があるため、専門的な設備が必要となります。

メッキなどに代表される金属表面処理は、金属の表面に薄い被膜を作ることで行われます。キズやサビを防いだり、表面を滑らかにすることで塗装をやりやすくするなどの効果が期待できるのです。