コスト重視?酸洗いの特徴とは

金属加工をするときは必ず「酸洗い」

酸洗いとは、金属加工をするときに金属表面に付着しているスケール(熱処理の際に生じる黒い酸化物)と呼ばれる酸化皮膜やサビなどを、硫酸や塩酸などを使って除去する化学洗浄処理方法のことです。例えば、金属製品にメッキ加工や塗装をするときには必ず酸洗いを行います。それは、金属製品の表面にスケールやサビが付着していると、メッキをのせてもうまく密着できず剥がれやすくなります。酸洗いをすることで、スケールやサビ、また油分などの汚れも除去できます。すると金属自体の地肌が表れます。金属の表面はザラついた状態になっているので、ここにメッキや塗料がつきやすくなるのです。また、作業行程のときに作業員の手指に付着している油分や汚れを酸洗いをして落とすことで、金属製品をきれいな状態にできます。

酸洗いは「コストカット」になります

ステンレス製品はサビに強い金属ですが、この特徴は表面に「不動態皮膜」と呼ばれる層があることによります。しかし、加工時の溶接や切断で熱や圧力が加わり、この不動態皮膜が壊されてしまうことがあります。するとサビや焼けが発生したり、耐久性が悪くなります。
ステンレス製品の表面に付着したサビや焼けを取り除くためには、「焼け取り剤」を使用したり「電気処理(電気分解)」を利用したりもできます。しかし、これらの方法では、サビや焼けの部分一ヶ所ずつ作業をすることになり、手間やコストが多くかかってしまいます。「酸洗い」処理の機器があれば、ステンレス製品をまるごと溶液につけるだけで、サビや焼けを完全に手間なく除去できます。

塗装剥離の作業を依頼するうえで、高度な技術力が要求されることがあるため、有力な工務店とコンタクトを取ることが大切です。